行動・仕事

モノゴトにはベストなタイミングがある

2017年3月14日

Ramdlon / Pixabay

 

忙しい、忙しいと言っていた2月。

母の開眼法要が終わり、ご近所の方、親戚への挨拶がすみ、
先週末は、またNLPのセミナーDSRのお手伝い仕事がありました。

今は肩の荷がおりて、ホッとしているとこであります。
ようやく、本格的に仕事の方にもとりくめるようになりました。
いままでは準備期間という所でしょうか。

気になるモノゴトは終らないと、次ぎに進めないもの

人は、何かに意識を向けて取り組もうというとき、
【気にかかる事】、【終っていない事】があると
そこに意識を集中する事が出来ません。

その【気にかかる事】、【終っていない事】というのは、
その人にとって大切な事、重要だと感じる事ほど、
その事が終るまで、次に進む事は難しいのです。

もちろん、次に進めたい事も大切な事ではあるのですが、
何か一点に意識を向けるというのは、とてもエネルギーを使います。
そして、意識を集中させる時には、最大のエネルギーを発揮できます。

家庭の主婦で、そして仕事をしていて、子供の事をして、
という方とも多く接する事がありますが、

彼女達の多くは、
「家の事も、仕事も、子供の事も、なんだか中途半端になっている気がする」

と言います。

どれも大切だと思っているから、全力投球したいのです。
どれも重要だと思っていることだから、中途半端になっていると感じるのです。

しかし、どれもが重要だと思っているときに、一つの事だけに集中するということは難しいかもしれません。そして

「あれも、これも、しなければ行けない。でも、出来ない」
となってしまい、だから葛藤するのです。

葛藤というのは、
2つ以上のモノゴト、選択に対して、行き詰まっている状態になります。

そうした時ほど、
「いつまでに、なにをする?」
ということがはっきりしていないことが多いのです。

人が一度に出来る事は限られています。
身体も一つしかありませんしね。

そうした時には、やり方を変えるしかありません。

 

たくさんの事を片付けなければいけない時の解決法

生きていれば、たくさんの事を抱えてしまう事は誰にでもある事です。
たくさんの決断もしなければ行けませんし、たくさんの判断も必要になる。
そして、日々の暮らしの中では時間さえも限られています。

そうした決断、判断に対して、自分なりに充分納得して行動できた時、
人は達成感や満足感を感じる事が出来ます。

自分が大切だと思う事に対して、
達成感や満足感を得るためにはどうしたらいいのか?。

それには、
①やるべき事をリストアップして明確にする。

今、

  • 取り組まなければならない事
  • 気になっていることは何か、

を全て書き出して頭の整理をすることです。
いったん全てを書き出していくことで、考えていたことがよりはっきりしてくるものです。

②重視している事、大切に思っている事をはっきりさせる。
その事に対してどのような事を重視しているのか、大切に思っているのかをはっきりとさせる事です。

③やるべき事に対して優先順位をつける。
やるべきだと決めた事をいつまでに達成するのかを決める。

ということをするのです。

もちろん、取り組んでいるうちに、
やるべき事が増えたり、やらなくてもいいということや、
重視する点が変わるとこともあります。
優先順位が変わることもあります。

しかし、この3つの点を意識しておくと、
ベストなタイミングでモノゴトが上手く回転して進み、最適な状態でモノゴトが運んでいくことになるのです。
それによって得られるモノも最良のものになり、満足感、達成感も充分に感じられるはずです。

 

まとめ

・次の扉を開くには、今居る場所の扉を閉じる必要がある。
・気にかかる事、重要だと感じる事は終らせる必要がある。
・達成感や満足感を得る行動をするには、するべき事を明確にし優先順位を決めて取り組むこと。

よろしければ、「いいね」ボタンをお願いします!

  • この記事を書いた人

ライフコーチ・塩田マサヨ

Comfort-SensesLife Coaching 主催: 
コーチングセミナー&コーチングプログラム開発提供、心理関する五感の研究、
Kushi Macrobiotic Leadership Program Level 2/全米NLP協会認定マスタープラクティショナー/日本NLP協会認定マスタープラクティショナー/LABプロファイルプラクティショナー/米国NLP&コーチング研究所認定NLPマネークリニックトレーナー /米国NLP&コーチング

-行動・仕事
-, ,

© 2024 Comfort Life Coaching