美容・健康

湿布じゃなくてもオイルケアはいい〜♡。背中のケアでエナジーチャージ!

2015年4月10日

15.04.10マッサージ.JPG
4月4日の皆既月食の前後はすごく眠くて、
今週に入って、背中のだるさを感じていました。
NLP関連のDVD12枚を見るのが課題としてあって、
毎日1枚を見ようといささか魂を詰めすぎたのも
あります。
ずっと去年の年末から取り組んでいた仕事も
魂つめていたのが、一区切がついてきて、
今までの疲れが出てきているのかも。
こうした身体の変化は、私たちの
心のあり方や、仕事、ライフスタイルの見直し
の必要を知らせてくれる時だといいます。

楽しいときって自分のことを振り返ることはしませんよね。
逆に、しんどいときほど、
今までの自分を振り返って真剣に考えるもんです。
昨日はさすがに背中全体が重〜くてしんどかったので
肩甲骨の間、背骨、ウエスト当たりの腎臓付近に
エドガーケイシーのひまし油を塗ってすり込みました。
ひまし油はどろ〜っとしたオイルなので、
マッサージ向きではないので、
じんわりとゆっくりとした動きになります。
ひまし油は衣服につくと、落ちにくいので
タオルをあてて寝たり、染みてもいい綿のTシャツなどを
パジャマにします。
オイルマッサージ、アロママッサージは
オイルが身体に浸透して、リンパの流れや血流を良くして
滞った老廃物質、疲労物質を排出しやすくする
といいます。
以前から疲れたら、オイルマッサージをしてケアしていましたが、
このところそのことを忘れてて、
今日はなんだか身体が軽くなっているのを感じて、
ブログにアップしています。
「背中を手を当てると安心するのはなぜだろう?」
医療用ベットのTVCMで、こんなナレーションが入りますが、
気持ちが不安定な時、不安何ときに
誰かに背中に手を当ててもらうと安心した気分になるという
経験はありませんか?。
「やろうか、やるまいか悩んでいる時
上司や先輩に背中を押されてやる気になった。」
という表現がありますが、
背骨の両脇には膀胱系のツボが並んでいて、
腎臓や膀胱が不調だと、
引っ込み思案、躊躇、ためらい、優柔不断で決断できない
内気、臆病、精神的な悩みを抱えやすい、元気が出ない
といった精神面での不調も表れやすいのです。

腎臓、膀胱が疲れていると
いざという時に動けない、身体に活力が出ない、体全体の代謝力も落ちる
というような体調面での不調も表れやすいです。

自分で出来るセルフケア、人にしてもらうケアも、
時には必要ですね。
ワタシも次に向かうのに生活の見直し期のようです。
来週は少し自分へのケアタイムも持とうと思います。
========================
0から作るぬか床の作り方
ぬか床を育てる
お腹の中から代謝力をアップするなら
ぬか床作りをはじめてみませんか?。
========================
注)このレシピは、個人で楽しんでいただく為に公開しています。
他サイト、紙媒体への転載は固くお断り致します。
※作った感想などコメントいただけたら嬉しいでっす!。
※ブログランキングに参加しています。
サイドメニューのバナーをポチッと応援お願いします。

-美容・健康

© 2021 Comfort Life Coaching