美容・健康

疲れはどこから来るのか?。疲れたときの対処法

2014年12月21日

15.01.26Fotolia_76116782_XS.jpg
昨日は雨の中、
NPO法人薬害研究センターの
「ミニ勉強会シリーズ」に出かけてきました。
この日のテーマは『糖と油」の話。
油については昨日の記事とほぼ同じ内容で、
自分の実践していた事の裏付けが出来ました。
糖については、さっと済ませられる内容ではないので、
またじっくりとアップしますので。
それよりも、昨日は人混みにまぎれて
いつも以上に疲れを感じてしまいました。
夕方17:00過ぎに御徒町を出て、
JR線、中央線を乗り継いで新宿まで帰って来ました。
新宿で少し買い物があり、南口改札から出たのですが、
改札から小田急線の改札、ルミネ方面にいくのに、
ものすごい人混みなのです。
あれ?芸能人でもいるのか?。
なにかイベントでもやっているのか?。
というほどだったのです。
朝の通勤時間も人混みがすごいですが、
土日である事、
雨が振っていた事、
年末である事、
が重なったのだと思いますが、
あの人混みをかき分けるだけで、
ものすご〜く疲れ果ててしまいました。
====================
疲労の原因をさぐると、主なものは3つ。
====================
・身体を過剰に動かしたための疲労。
・食べ物を食べ過ぎた臓器の疲労。
・自分以外の外部環境=環境の変化、人間関係、時間に追われる
 などのストレスでの疲労。
====================
身体の疲労や食べ過ぎは、
身体を休めれば回復するし、食べ過ぎを控えれば臓器が休まる。
と、基本的には自分でコントロールできるけど、
外部環境は自分で変えることは難しい。
人混みの多さを少なくする事は出来ないし、
ストレスをかけてくる上司をどうにかする事は出来ないし、
24時間しかない1日を、27時間にすることは出来ない。
そうした外部のエネルギーに影響されがちです。
しかし、
自分の疲労が外部環境に影響されることは普通の事だし、
外部環境に影響されていると自覚することで、
自分自身をコントロールする事は出来る。
人混みがすごければ、他のルートを選べばいいし、
ストレスをかけてくる上司には、
自分の仕事の進捗をきちんと話すことで解決する事も多いし、
あれもこれもやろうとして、
いつも時間がない時は、
曜日ごとにやる事を決めてそれだけは実行する。
<今回私の疲労の回復法>は、
・ゆっくりお風呂に入る。
・今日は外出せず家で片付けをする。
・キムチ漬けの薬念を作る。
・これだけは必ずすると決める。
あとは出来ても出来なくてもいいにする。
はい、実行できました。
そうするとやる気も上がるし、疲労感も消えていきました。
「疲れた時、落ち込んだ時に、
 日常の中でこれをすると元気になる」

 という事を決めておくといいですよ。
それは、
・自分が心地いい事、
・没頭できる事、
・リラックスできる事

がいいです。
私の場合は:
ゆっくりお風呂に入ること。
野菜をサクサクっと切る。
好きな音楽を聴く。
ひたすらぼーっとする。
などです。
忙しい年末ですが、
少しそういう時間を持って、2015年を迎えましょうね。
(いや〜本当に今年も終るんですねぇ)
今日の1%習慣:
疲れた時に元気になれる事リストを作ろう。

※ブログランキングに参加しています。
サイドメニューのバナーをポチッと応援お願いします。

-美容・健康

© 2023 Comfort Life Coaching